青空ドキュメントリーダー
戻る 上へ 進む

 

 

 青空ドキュメントのユニコード用ドキュメントリーダーを作りました。まだテスト段階のバージョンです。これからいろいろ不都合な点を直していこうと思っています。まだまだ、いろいろ至らない点があります。青空ドキュメントのユニコードファイルを対象にしています。

.netFrameWork2.0を含むインストーラ(Ver 0.2.8 30.9MB)

『近世日本國民史』織田氏時代前篇(ユニコードファイル 503KB)

インストーラ用意しました。

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.4.1 349KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.4.0 349KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.9 346KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.8 346KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.7 346KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.6 347KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.5 349KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.4 349KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.3 349KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.2 348KB)

ドキュメントリーダー(インストーラ 0.3.1 387KB)

 ドキュメントリーダー本体です。(Ver 0.3.8)

ドキュメントリーダー(Lzh 27KB)

 ドキュメントリーダーのソースファイルです。Visual Studio 2005 のC#で作りました。

 ドキュメントリーダーソースファイル

(Ver 0.4.1)

Ver 0.4.1 検索画面で、何も指定しないで検索出来てしまう点を修正した。また、検索画面を開いて右上のバッテンをクリックすると落ちる不具合に対応した。

(Ver 0.4.0)

Ver 0.4.0 ルビの割り付け方をVer 0.2.8相当に戻しました。ルビが入りきらない時は空白を作ります。また、設定に一行複製という項目を設け、これが有効になっていると、前頁の最後の行を最初の行にもう一度表示します。

(Ver 0.3.9)

 Ver 0.3.9 最初の起動で、エラーになる不具合を解消。

(Ver 0.3.8)

 Ver 0.3.8 右クリックでファイルから直接起動する場合に、そのファイルではなくて、以前読んでいたファイルが開いてしまう不具合に対応しました。

(Ver 0.3.7)

 Ver 0.3.7 コメントも充実させました。まだコメントが足りない部分も残っています。本文、ルビの色を変えられるようにしました。クラスの構成ですが、本文保持部のSource(源文字)、Paragraph(段落)クラス、画面表示用のLetter(文字)、Page(ページ)、PageDraw(ページ描画)クラス、メインクラスのReader(リーダー)クラス等があります。

(Ver 0.3.6)

 Ver 0.3.6 内部構造を大幅に変更しました。内部的な事になりますが、今まで沢山のラベルを貼り付けて、そこに1文字1文字描いていたのですが、今回から背景に直接描画するようにしました。これによって大幅な高速化が図られ、ページブラウズ中にも内容が見えるようになりました。コメントも一部ですが充実させました。

(Ver 0.3.5)

 Ver 0.3.5 改ページ対応、一部太字がおかしくなる点について修正しました。

(Ver 0.3.4)

 Ver 0.3.4 ルビのページまたぎに対応しました。回転文字に「=」を追加しました。

(Ver 0.3.3)

 Ver 0.3.3 文字幅が広すぎる点を修正しました。見かけが変わるので、基本設定で、文字間等の調節をして下さるとありがたいです。

(Ver 0.3.2)

 Ver 0.3.2 ヘッダーに現在読み込み中のファイル名を表示しました。小さい字、句読点の位置調整をしました。傍点の位置修正をしました。

(Ver 0.3.1)

 Ver 0.3.1 起動時にファイルを読めなかった時に、マウスクリックをしたり、フォントを変えたりするとエラーで止まってしまうバグに対応しました。

(Ver 0.3.0)

 Ver 0.3.0 ルビについて、前バージョンは2行にまたがるルビのみに対応していたのですが、今回は3行以上にも対応しました。このバージョンからx86対応版ではなくanyCPU対応版としました。

(Ver 0.2.9)

 Ver 0.2.9 ルビの割り付け方を変更しました。今までは割付が上手くいくように空白を作っていたのですが、このバージョンからは、空白を作らないようにしました。ただ、ページをまたがるルビでは、前のページのルビ部分が表示されません。その部分が宿題です。

(Ver 0.2.8)

 Ver 0.2.8 検索機能を付けました。さすがに今回の改修は時間がかかりました。他に、画面最大化、最小化についての不備を修正しました。

(Ver 0,2,7)

 Ver 0.2.7 Unicode拡張領域の表示に対応しました。

(Ver 0.2.6)

 Ver 0.2.6 Homeキー、Endキーに対応しました。PageUp、Downキーにも対応し、これの移動幅も変えられるようにしました。

(Ver 0.2.5)

 Ver 0.2.5 字上げ(地付き)に対応しました。次の目標としては、検索機能と付箋機能でしょうか。

(Ver 0.2.4)

 Ver 0.2.4 太字専用のフォントを変更出来るようにしました。

(Ver 0.2.3)

 Ver 0.2.3 矢印キーでのページ送りのロジックを変更しました。この版は、Ver 0.2.1からの派生となり、Ver 0.2.2からの派生ではありません。御注意下さい。太字にも対応し、行間を空ける処理も追加しました。

(Ver 0.2.2)

 Ver 0.2.2 矢印キーでページ送りが出来るようにしました。

(Ver 0.2.1)

 Ver 0.2.1 字下げにある程度対応しました。まだ地付き、地から○字上げには対応していません。

(Ver 0.2.0)

 Ver 0.2.0 傍点に対応しました。傍線にはまだ対応出来ていません。

(Ver 0.1.9)

 Ver 0.1.9 ルビの付き方がおかしい点について修正しました。具体的には、”|”の処理に問題がありました。

(Ver 0.1.8)

 Ver 0.1.8 ルビで回転させる文字に対応しました。

(Ver 0.1.7)

 Ver 0.1.7 設定ファイル(.xml)を保存する場所を、テキストファイルのある場所と同じ階層から、このアプリケーション以下の階層に変えました。

(Ver 0.1.6)

 Ver 0.16 回転させる文字の不足分を追加しました。まだ漏れはあると思います。段落初めの空白にルビが振られてしまう問題に対処しました。ぶら下がり文字に幾つか追加しました。次の行に送るや、次のページに送るといった処理がまだ出来ていません。

(Ver 0.1.5)

 Ver 0.15 ”「”等の文字を縦書きに対応させる為に回転するようにしました。

(Ver 0.1.4)

 Ver 0.1.4 返り点に対応しました。返り点部分のルビがおかしくなる点の修正をしました。

(Ver 0.1.3)

 Ver 0.1.3 行頭でルビがひらがなに割りつく問題の解消。
 ソースコードの見直し(回りくどい処理があった、まだある)。
 字下げに対応(1行に1文字しか割り付かない場合の検証はまだ)。
 返り点に対応する準備として、データを保持するところまで出来た。後は、実際に表示させるだけ。

(Ver 0.1.2)

 Ver 0.1.2 ルビ無しにした時にエラーになる不具合の解消。
 ソースコード構成の見直し(大幅にクラスを増やしました)。ソースコードにコメントを入れました。
 横書きが可能になりました。
 トラックバーを付けました。

(Ver 0.1.1)

 Ver 0.1.1 最後のページでエラーになる不具合の解消。

(Ver 0.1.0)

 Ver 0.1.0 初期公開バージョン。

 

戻る 上へ 進む

僕の作業が遅くて待っていられないという方が居られましたら、連絡を頂ければ、作業を引き渡します。また部分的に代わりに入力して下さる方がいましたら、とてもありがたいのでその部分は、何々さん入力中として、ホームページ上に告知します。メールはこちらまで